意外と見落としがちな点が設置後の生活に大きな影響を与える

新築住宅の完成間近です

最後の工程として塀板の設置があります

この場所は必ず雨に濡れる為、使用する木材も雨に強い樹種にしなければいけません

そこで今回は「マニルカラ」という超硬質木材を使用しました

※マニルカラとは http://www.manilkara.com/

マニルカラの性質は以下の通りです

① 屋外耐久年数20年以上

② 塗装や防腐処理は不要

①の「屋外耐久年数20年以上」はウッドデッキとして使用した時の数字です

塀板はウッドデッキ程負荷がかからないのでもっと年数は伸びると思います

また②は意外と重要で、ホームセンターで販売しているソフトウッドは定期的な塗装や防腐処理が必要になります(腐食が進む為)

その点、マニルカラは強いためこれらのメンテナンスは不要です

要は「何もしなくていい」という事です

先程のソフトウッドだと半年か一年ごとに塗装や防腐処理をしなくてはいけません

これはお家の方にとってかなり負担になります

「でもそれをしないとすぐに腐食してしまうし・・・」

マニルカラの「何もしなくていい」という強さは

「設置後のお家の方の負担を無くす」

「塀板に費やす時間を別の事に使える」

という効果をもたらします

意外とここは見落としがちな点ですが、設置後の生活にかなり大きな影響を与えます

安心して長く使える塀板を設置して、外からも見られる心配はありません

新しい生活を満足して頂けるものにするために、塀板だけでもその役割は大きいです

お家の方の未来の生活も考慮しながら最適な材料を選ぶ必要があります

マニルカラについて http://www.manilkara.com/

マニルカラ市場のFACEBOOK https://www.facebook.com/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4-180811181976828

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です