東京のあるマンションにて

東京にあるマンションの入り口に塀板を設置しました

「マニルカラ」という超硬質木材を使って最低でも20年以上は腐食せずに使用できる材料にしています

※マニルカラとは http://www.manilkara.com/

今回は入り口が狭かったので、業者さんも「少しでも入り口のスペースを確保したいので薄いサイズで」というご希望でした

普段は桟木で使用している20×45mmの薄いサイズで並べていき、入り口としては圧迫感もなく広く保てたと思います

東京はどの現場もギリギリのスペースでやりくりしなければいけません

作業スペースとしても狭い場所でしたので、軽くて短いこのマニルカラ桟を選ばれたのは正解だったかもしれません

周りがコンクリートの素材だったので、その中で主張の強い色合いの木を使用したことでアクセントが出来たと思います

相反する素材の同居でお互いを引き立たせた雰囲気と、スペースをつぶさない入り口の機能を保たせるという両方の面を両立させた現場でした

マニルカラについて http://www.manilkara.com/

マニルカラ市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4-180811181976828

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です