「長持ちする」以外に「生活の時間を奪わない」というメリット

あるお家の縁側に新たにベランダを設置しました

お家の方からのご要望は「長持ちするデッキにして欲しい」でした

予算との兼ね合いもあるので、一番長もちできるデッキ材「マニルカラ」で行くことになりました

「マニルカラ」は屋外でも20年以上使用することが出来る程の超硬質木材です

その間によくある塗装や防腐処理も必要ありませんので、お家の方にとって「何もしなくてもいい」環境になります

これは実は非常に重要なことで、普通に生活していく上でデッキに費やす時間は正直もったいないと思うのです

具体的に言うとホームセンターとかで販売されているいわゆるソフトウッドと呼ばれる樹種は値段も安く施工もしやすいですが、寿命がやはり短く、「半年か一年に一回は塗装して下さいね」と言われたりもします

そうすると半年か一年ごとにお休みの時間をデッキに費やさなくてはならなくなります(それをしないと腐食が早く進行するので)

しかしマニルカラのような超硬質木材であれば寿命は長いですし、お休みの時間は遊びに行ったり体を休めたりと自由に使うことが出来ます

この違いは設置後に大きく生活に影響を及ぼします

確かにソフトウッドに比べるとマニルカラは高いです

しかしそんな超硬質木材の中では一番安く、働き面では20年以上安心して使用でき、その間に手間(時間)をかけさせない、というメリットがあります

超硬質木材は「長持ちする」以外にも設置後の「生活の時間を奪わない」というメリットもあるという事を知って頂ければと思います

マニルカラウッドデッキについて http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です