鋸目模様といしがき模様

マニルカラデッキにデザイン性を設けようと、表面に鋸目模様といしがき模様を付けました

ウッドデッキとは違う別種類の部材として役目を果たします

デッキとしてよりも装飾系の部材になります

マニルカラはウッドデッキとして「屋外でも20年以上使用可能」「塗装や防腐処理も不要」など機能として優れた面が注目されてきました

しかし、この加工によって新たにデザイン性が加わることによりこれまでに無い新しい部材に生まれ変わります

新しい部材はこれまでに無い新しい空間を創ることが出来ます

すでに寝室の壁の一部をいしがき模様の部材で埋め尽くす、というウッドデッキとは全く違う場所に使用されました

家具の材料としても出荷しました

新たな価値を見出す一つの部材として今後も機能していくでしょう

マニルカラの鋸目模様・いしがき模様について http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です