お家の方には最高 大工さんには大変なデッキ

腐食した濡れ縁を作り変えています

今回はマニルカラという樹種で交換をしています

マニルカラという樹種は非常に強度の強い硬質木材で、雨に濡れる場所でも20年以上使用することが出来ます(その間、塗装や防腐処理も必要ありません)

「長い間、手間をかけずに使い続けたい」という方に合っています

お家の方にとっては最高の樹種ですが、設置する大工さんにとってはちょっと厄介な樹種でもあります

とにかく硬いので、カットやビス止めが大変なんです

写真は長さカットが終わりこれからビス止めするところですが、ビスの下穴をすでにあけています

ソフトウッドでしたら下穴が無くても一発でビス止めが出来ますが、マニルカラはこの下穴が大事です

ビスもなかなか入っていかないので、下穴をあけることで綺麗な打ち込みが出来るんです

一度下穴なしでビス止めをしようとしたところ、ビスがいくら回転しても入っていかず、煙が出たことがありました

下穴をあけるのは手間ですが、逆に開けてから打った方が綺麗で効率もいいんです

大工さんにとっては大変ですが、お家の方にとってはこんな風にきれいな濡れ縁を設置することが出来ました

これから安心して濡れ縁を活用して頂きたいです

マニルカラ材について http://www.manilkara.com/

初めて見た縦張りの外塀

ご自宅の外塀をマニルカラで設置して頂きました

マニルカラは屋外でも20年以上使用することが出来る超硬質木材です

その間、塗装や防腐処理も必要なく、設置後の手間は一切ありません

そんなマニルカラなのでウッドデッキ以外にも外塀で使用されることがよくあります

外塀ならばウッドデッキよりも荷重がかかることが無いので、使用年数はもっと長くなると思います

通常の外塀での使用は横張りが多いのですが、今回は珍しく縦張りの使用です

通常はこんな感じです

横を縦に変えただけでも見た目はかなり変わります

デザインとして人目を惹く外塀にして頂きました

やはり他には無いやり方で施工すると目が行ってしまいますね

ここはデザイナーさんのセンスだと思います

こういうアイデアもあるんだと施工現場はいつも勉強になります

完成後は私も見に行くのが楽しみなんです

これからもいろんな現場を見てアイデアを頂戴していこうと思います

マニルカラの塀板について http://www.manilkara.com/

大工さんのご自宅にマニルカラ

大工さんが自宅のベランダにマニルカラを設置して頂きました

さすがプロなので、加工が難しいこのマニルカラデッキでも2日ほどで完成していました

マニルカラは雨ざらしの場所でも20年以上使用することが出来る超硬質木材で、その間も塗装や防腐処理といったメンテナンスは必要ありません

一度設置すればあとは何もせずに、でも安全に長期間使用することが出来ます

表面も滑らかで色合いも明るいアマゾンテイストです

これからデッキの上でくつろいだりして楽しんでもらいたいです

マニルカラデッキについて http://www.manilkara.com/

天然木と工業製品のマッチング

こちらはマンションのエントランスです

壁側にマニルカラ桟と天井にマニルカラデッキを使用して頂きました

こう見ると、マニルカラのような天然製品と、床・階段のコンクリートタイル+ガラス戸の工業製品が同居しているのはお互いを引き立て合っていると思います

どちらかだけよりも正反対のものが同居する方が見た目として一番良いと思います

この辺りは設計士・デザイナーさんのセンスだと思うので、完成した現場を見るといつも発見があり面白いです

こうして我々の木材製品も空間創造の一パーツとしてお役に立ててもらえればと思います

マニルカラ桟・デッキについて http://www.manilkara.com/

DIYのベランダ完成

ご自宅のベランダをDIYで作った現場です

デッキ板はマニルカラを使用して頂き、現場が完成した時にお招きいただき見に行ってきました

私が現場へ納入した時は芝生のお庭だったのに完成後はこのように変わっていて驚きました

なによりこれをDIYで作り上げたということに一番驚きました

最近は色んな情報を仕入れてDIYのレベルがかなり上がっていると思います

素敵なベランダ・お庭になって楽しいデッキ生活になりそうだなと思いました

マニルカラデッキについて http://www.manilkara.com/

コストパフォーマンスが一番高いのは

新築住宅の外塀とウッドデッキを製作しました

今回は「定期的な塗装とかはしたくないので、ハードウッドで」というご要望でした

その上で「価格は安くしたい」とのことでしたのでマニルカラが一番いいと思いご提案させて頂きました

実際にサンプルを触ってもらったところ「これは硬いな。これで行きましょう」とお返事を頂き着工に至りました

骨組みになる柱・下地の部分もオールマニルカラで頑丈なデッキ・塀板が出来上がります

実際にこうしたデッキ・塀板は柱・下地が重要です

目につくデッキや塀板に力を入れがちですが、現実的にそれを支える柱・下地こそ丈夫な材料にしないと長持ちしません

杉や桧といったソフトウッドと比べると初期費用はかかりますが、その後のメンテナンスにかかる手間・費用・耐久年数を考えると断然こちらの方がお得です

マニルカラはそんなハードウッドの中でも価格は安いのでコストパフォーマンスとしては一番高い樹種だと思います

お家の方にとって、これから新しいデッキ・塀板のある生活が始まります

安全で丈夫なものが出来上がりましたので、存分にその生活を満喫して頂ければと思います

マニルカラデッキ・柱について http://www.manilkara.com/

ミニベランダの完成

今回は新規にミニベランダを設置して頂きました

広さは半坪ほどですが「頑丈なものにして欲しい」とのご依頼でしたので大工さんがマニルカラを指定してこられました

材料納入から3日程で完成して綺麗に仕上げて頂きました

マニルカラはこういった屋外でも20年以上使用することが出来る超硬質木材です

ウッドデッキにありがちな定期的な塗装や防腐処理といったメンテナンスは必要ありません

設置後は手間のかからない、安心したデッキ生活を送ることが出来ます

ベランダのできた新たな生活をぜひ満喫してもらいたいと思っています

マニルカラのベランダについて http://www.manilkara.com/

DIYでベランダを建設中

ご自宅の二階ベランダをDIYで製作しています

最初に訪ねて来られた時に「マニルカラを使いたい」というご要望でしたが「DIYではマニルカラは難しいですよ」と言いました

マニルカラは超硬質木材で使用する方にとっては20年以上、塗装や防腐処理無しで使用できる樹種なのですが、施工する方にとっては大変な樹種でもあります

大工さんでもない一般の方が施工するには難しいだろうなと思いそう伝えたのですが、「マニルカラが良い」という事でしたので材料を納品しました

その後、やはり心配だったのでちょっと見に行ったところ足場を組んで設置していました

「全然素人じゃないじゃないか!!」

と驚き、マニルカラもきちんと施工していたので安心して帰りました

最近は一般の方の技術も上がっているのかハードウッドを使う方が増えています

私も一般の方に対する認識を改めた方がいいなと思いました

マニルカラデッキについて http://www.manilkara.com/

お寺の二階にマニルカラ

お寺の二階ベランダにマニルカラを設置して頂きました

「長持ちする材料で」というご依頼でしたのでマニルカラをご提案させて頂きました

マニルカラデッキは屋外でも20年以上使用することが出来る超硬質木材です

価格も同等の強度を持つイペやウリンと比べて2割ほど安いです

設置した後は塗装や防腐処理などのメンテナンスも必要ありません

コストを耐久性を比較するとコストパフォーマンスは一番高いデッキだと思います

マニルカラは明るいアマゾンテイストの色合いなので、周囲の白・グレーを基調とした場所だとコントラストになってお互いを引き立て合っていると思います

全体として見た時に、デッキ設置前のと後とでは良い空間になったと思います

ベランダのできた新しい生活を安心して存分に満喫して欲しいと思います

マニルカラデッキについて http://www.manilkara.com/

桟を塀板に

新築住宅の塀板にマニルカラ桟を使用して頂きました

マニルカラ桟とは厚さ20mm 幅45mmの細い板で通常は桟として使用されています

それを今回は塀板として使用するとのことで私も完成を楽しみにしていました

完成の連絡を受けて見に行った時は今まで見たことのないデザインの外塀が完成していたのでマニルカラ桟の新たな可能性を見せて頂きました

こういったアイデアはやはりセンスのある設計士さんやデザイナーさんに任せるのが良いですね

私はこの写真をPRすることで他にも良いと思って頂ける方にご提案をさせて頂ければと思います

マニルカラ桟の塀板について http://www.manilkara.com/