デザイン加工は「ウッドデッキ」を超えた「新しいもの」として

こちらはデザイン加工の一種で「いしがき模様」です

ウッドデッキの表面にこの模様を付けることで特別な空間を演出することが出来るようになります

このような材料はほとんど見た事は無いと思います

先日もこの模様を付けたウッドデッキを家具に使用したいとのことでご購入して頂きました

特別な材料は見た事の無いものを作るのに必要な材料に変わります

こちらもデザイン加工の一種で「鋸目模様」です

自然素材に規則的な模様を付けることでそのコントラストを目を楽しんで頂ければと思います

ウッドデッキにこの模様を付けましたが、実際に用途はウッドデッキとしてではなく壁板など「装飾品」として使われています

いわゆる「ウッドデッキ」というもののイメージを超えた「何か新しいもの」として捉えて頂いているようです

私もこの加工をした製品についてはまだ未知数の可能性を秘めていると思っています

写真を見てご興味が湧いた方はどんどん新たな用途・場所で活用して頂ければと思います

デザイン加工について http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です