12mmでも充分 マニルカラ塀板

お家に新たに塀を設置しました

家の中から見てきれいな見た目になるように塀板を柱の内側に設置しています

木材の塀板は少し隙間をあけながら張るので、外からは見えないけれども光は入るようになります

この塀板で一番重要視されるのは「腐食」だと思います

そこで今回使用したのは「マニルカラ」という樹種の塀板でサイズは厚さ12mm 幅100mmの塀板用の材料です

かなり薄いように思われるかもしれませんが「マニルカラ」という樹種は超硬質木材に分類される樹種で、こうした屋外の雨に濡れる場所でも20年以上使用することが出来ます

木材の中でも腐食に最も強い樹種に分類されます

それ程の強度を持つマニルカラなので厚さ12mmでも十分に長く塀板として使用できます

通常の木材であれば厚さ12mmはしなりが出るくらいですがマニルカラはまったくありません

この材料でしたらお家の方も十分に満足して頂けると思います

マニルカラの色合いも明るいアマゾンテイストで見た感じも明るさがあります

お家の方にとっては塀が出来た新しい生活になります

明るい見た目と長持ちする性質を存分に満喫して頂ければと思います

マニルカラ塀板について http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です