足元を丈夫な材料にするだけで生活を豊かに出来る

新築住宅が完成しました

二階のベランダにはハードウッドを使用しています

ハードウッドとは非常に強度・耐久性のある硬質木材の事で日本にも何種類か輸入されています

今回は「マニルカラ」という樹種を使用しています

「マニルカラ」はこうした屋外のベランダで20年以上腐食することなく使用することが出来る超硬質木材です

この間、よくある塗装や防腐処理などのメンテナンスも必要としません

この効果は設置後、お家の方にベランダの事を気にかける必要が無い、というメリットを与えます

「当たり前に使える状態を20年以上保つ」のは実は「時間をより有効に使う」という観点で非常に大事になってきます

通常のベランダ・デッキだと寿命はおそらく10年程度でしょう

そして「半年か一年ごとに塗装して下さい」というメンテナンスの必要を言われると思います

正直なところ、完成した後は半年や一年ごとに塗装するのはかなり面倒だと思います

お休みの時間をベランダ・デッキに割くのではなく、やはり休息や遊びに行ったりなどより生活を豊かにする為に使う方がいいと思います

その為に足元の材料は丈夫な方がいいと思います

ハードウッドはただ強いデッキという事ではなく、その強さがお家の方にもたらす時間の効果はかなり大きいです

通常のデッキと比べて初期費用は高くなります

しかしこの差額を回収して余りあるメリットをもたらします

こういったハードウッドの効果について知って頂ければと思います

マニルカラについて http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です