天然製品と人工製品のコントラスト

東京のビルのエントランスです

天井と壁に木材を使用して頂きました

床と反対側の壁はタイルになっていて、コントラストになっています

やはりこういった天然製品と人工製品を組み合わせるとお互いを引き立て合うので印象として一番いいなと思います

木材では今回は「マニルカラ」という樹種を使用して頂きました

マニルカラは非常に強度の強い木材で屋外耐久年数は20年以上になります

木肌の色合いは明るいアマゾンテイストなので今回のような場所にも合っていると思います

天井はマニルカラウッドデッキ(20×105mm)、壁はマニルカラ桟(20×45mm)を使用しています

こうした完成現場を見るのはいつも楽しいのと勉強になります

設計士さん、デザイナーさんのアイデアはやはり面白いです

製品を出荷した後はいつも完成が待ち遠しいです

今後もこんな現場をたくさん見て自分も知識を蓄えていかなければいけませんね

マニルカラについて http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です