「使えて当たり前」と「時間の自由」をもたらすその効果

お寺の二階ベランダにウッドデッキを設置しました

今回のご要望は「長持ちするデッキにしてほしい」とのことでした

そのご要望を受けて選ばれたのが「マニルカラ」という樹種です

マニルカラは非常の強度の強い木材で、屋外でも20年以上使用することが出来ます

その強さは防腐処理や塗装も必要としません

なので設置後は「何もしなくても20年以上使える」という事になります

これは意外と重要で、設置後に手間をかけなくてはいけないソフトウッドだと半年や一年ごとに塗装や防腐処理をしなくてはいけなくなります

そうするとお休みの日の時間がそれに取られてしまいます

やはり生活が始まるとウッドデッキは「使えて当たり前」の感覚になると思います

それにお休みの日は休息に当てたり遊びに行ったりと自分の時間として使いたいと思うのです

マニルカラの強さはそうした20年以上使えるという「当たり前の状態」と手間をかけなくてもいいという「時間の自由」をもたらすことが出来ます

正直、ソフトウッドと比べて初期費用はかかります

しかし長い目で見ると必ずこちらの方がメリットが大きいです

ウッドデッキ・ベランダを設置の際はその後の事も含めてご検討して頂ければと思います

マニルカラについて http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です