造船所のスペーサーに採用

造船所で使用するスペーサーの製作依頼が来ました

造船を組み立てるときに台を何個も置いてその上に船を乗せるのですが、当然高さが均一でないと傾いてしまいます

その高さの微妙な調整を行うのがスペーサーです

「硬く出て耐久性のある木材で作って欲しい。寸法精度も重要です」

お客様からの要望はこのような感じでしたので、マニルカラで作ることにしました

マニルカラはウッドデッキとして使用されている樹種で、かなり強度の強い性質を持っています

その強度は、動物園の象が渡る橋の踏板に使用されていたり、耐久性は雨に濡れる場所でも20年以上使用することができます

そんな性質から造船所のスペーサーに合っていると思い、ご提案をして製作しました

高さを調整するものなので傾斜をつけなければいけません

使う方にとっては強度の強い頼りになる樹種ですが加工するには大変な樹種になります

職人に頑張ってもらいなんとか完成させることが出来ました

マニルカラという樹種の性質はウッドデッキ以外の用途にも適用できるのだなとあらためて思いました

マニルカラについて http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です