お家の方には最高 大工さんには大変なデッキ

腐食した濡れ縁を作り変えています

今回はマニルカラという樹種で交換をしています

マニルカラという樹種は非常に強度の強い硬質木材で、雨に濡れる場所でも20年以上使用することが出来ます(その間、塗装や防腐処理も必要ありません)

「長い間、手間をかけずに使い続けたい」という方に合っています

お家の方にとっては最高の樹種ですが、設置する大工さんにとってはちょっと厄介な樹種でもあります

とにかく硬いので、カットやビス止めが大変なんです

写真は長さカットが終わりこれからビス止めするところですが、ビスの下穴をすでにあけています

ソフトウッドでしたら下穴が無くても一発でビス止めが出来ますが、マニルカラはこの下穴が大事です

ビスもなかなか入っていかないので、下穴をあけることで綺麗な打ち込みが出来るんです

一度下穴なしでビス止めをしようとしたところ、ビスがいくら回転しても入っていかず、煙が出たことがありました

下穴をあけるのは手間ですが、逆に開けてから打った方が綺麗で効率もいいんです

大工さんにとっては大変ですが、お家の方にとってはこんな風にきれいな濡れ縁を設置することが出来ました

これから安心して濡れ縁を活用して頂きたいです

マニルカラ材について http://www.manilkara.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です